近年の科学技術の進展に伴い、臨床研究における産学官連携活動の重要性は一層増しております。一方で、特定の企業との活動に深く関与する可能性もあるため、適正な産学官連携活動の促進と倫理の遵守に取り組み、社会に対するこれらの透明性をより一層高めるために国立大学附属病院長会議が策定した「企業等からの資金提供状況の公表に関するガイドライン」(平成26年6月策定、平成27年6月改定)に従い、当院における企業等からの資金提供状況を下記の通り公表いたします。

※平成29年4月~平成30年3月 資金提供状況

1. 受託研究等

○ 受託研究                    総件数 196件、総額191,593千円
○ 共同研究                    総件数     8件、総額115,420千円
○ 受託事業・共同事業                       総件数 227件、総額  65,364千円
受託研究等の詳細へ

2. 寄附金等

○ 奨学寄附金                 総件数   78件、総額  35,648千円
○ 現物寄付                    総件数   39件、総額  11,287千円
寄付金等の詳細へ

3. 講師謝金等

○ 講師謝金              総件数1,667件、総額143,533千円
○ 原稿執筆料・監修料等                総件数    42件、総額    5,729千円
○ コンサルティング等業務委託費      総件数   248件、総額  32,219千円
講師謝金等の詳細へ

4. その他の費用等

○ 接遇等費用            総件数0件、総額0円

Subcategories

広報誌「桜ヶ丘だより」

「桜ヶ丘だより」は2006年4月に創刊された鹿児島大学病院の広報誌です。皆様に大学病院の事をもっと知ってもらうために、作りました。各診療センター・中央診療部の診療内容、学生教育・卒後教育、生涯教育、研究成果などを皆様にお伝えします。桜ヶ丘の上にそびえ立つ遠い病院ではなく、皆様に愛され親しまれる鹿児島大学病院を目指していきます。

「桜ヶ丘だより」をご覧になりたい方は下の表紙をクリックしてください。

Back to Top