放射線部

各部ホームページへ

業務内容及び医療機器等、専門領域

放射線部門は、放射線診断部門、放射線治療部門、核医学部門、放射線管理部門の4部門で

構成されています。患者様の負担は出来るだけ軽く、精密で安全な検査・治療を遂行することを心掛け、

放射線科をはじめとする全ての診療科・部門との密接な連携のもとに協力して画像診断・

インターベンショナルラジオロジー・放射線治療・核医学検査をおこなっています。

放射線部設置装置一覧

(A)診断装置:医科
  • 一般撮影装置(胸部、骨など):4台
  • X線TV装置:4台
  • CT装置:診断用 3台(64列 2台、320列 1台)、IVR-CT 1台、治療計画用 1台
  • MRI装置:3台(3T×2台、 0.3T:手術室)
  • 血管造影装置:4台(内 手術室 1台)
  • 乳房撮影装置:1台
  • ポータブル装置:6台
  • 移動型X線TV装置:4台
  • 骨塩定量装置:1台
診断装置:歯科
  • 一般撮影装置:3台
  • 歯科用デンタル撮影装置:5台
  • セファロ撮影装置:1台
  • パノラマ撮影装置:1台
  • CT撮影装置:1台
  • ポータブル撮影装置:2台
  • 移動型X線TV:2台
診断装置:霧島リハビリテーションセンター
  • 一般撮影装置:1台
  • CT撮影装置:1台
  • X線TV装置:1台
(B)放射線治療装置
  • 外照射放射線治療装置(リニアック):2台
  • 腔内放射線治療装置:1台
  • 温熱治療装置:1台
(C)核医学検査装置
  • デジタルガンマカメラ:3台
  • PET-CT装置:1台
  • 甲状腺摂取率測定装置:1台
(D)放射線測定器など
  • 電離箱型:6台

新規導入装置紹介

3T(テスラ)MRI装置(2012年導入)

05

3T-MRI装置は信号精度の向上、組織間の信号差(磁化率効果)の増加などにより精度の高い画像を高速で提供できます。今まで難しかった微小出血 を描出できたり、スクリーニングとしての存在診断や、良・悪性の質的診断、治療効果や鑑別診断に有用な情報がえられるため診断及び治療への貢献が期待でき ます。


このページのTOPへ