放射線部

各部ホームページへ

業務内容及び医療機器等、専門領域

我々診療放射線技師の業務はエックス線撮影やCT、MRI検査に代表されます。

主な業務は一般撮影、透視撮影、血管造影、核医学(RI)検査、CT、MRI、放射線治療です。

放射線診断部門、核医学部門、放射線治療部門、放射線管理部門の4部門で構成されています。

放射線部設置装置一覧

(A)診断装置:医科
  • 一般撮影装置(胸部、骨など):4台
  • X線TV装置:4台
  • CT装置:診断用 3台(64列 2台、320列 1台)、IVR-CT 1台、治療計画用 1台
  • MRI装置:3台(3T×2台、 0.3T:手術室)
  • 血管造影装置:4台(内 手術室 1台)
  • 乳房撮影装置:1台
  • ポータブル装置:6台
  • 移動型X線TV装置:4台
  • 骨塩定量装置:1台
診断装置:歯科
  • 一般撮影装置:3台
  • 歯科用デンタル撮影装置:5台
  • セファロ撮影装置:1台
  • パノラマ撮影装置:1台
  • CT撮影装置:1台
  • ポータブル撮影装置:2台
  • 移動型X線TV:2台
診断装置:霧島リハビリテーションセンター
  • 一般撮影装置:1台
  • CT撮影装置:1台
  • X線TV装置:1台
(B)放射線治療装置
  • 外照射放射線治療装置(リニアック):2台
  • 腔内放射線治療装置:1台
  • 温熱治療装置:1台
(C)核医学検査装置
  • デジタルガンマカメラ:3台
  • PET-CT装置:1台
  • 甲状腺摂取率測定装置:1台
(D)放射線測定器など
  • 電離箱型:6台

最新導入機器紹介

320列CT装置(2011年導入)

01

320列CT装置は従来のCT装置よりも一度に撮影できる範囲が広いため撮影時間が短くなり、また寝台を動かすことなく頭部や心臓を撮影できます。 撮影時間が短くなることで心臓など動く臓器を撮影する時のブレが小さくなるため、冠動脈の狭窄などの診断に有用な情報が得られます。


PET-CT装置(2011年導入)

02

PET-CT装置は体内から放出されるガンマ線を使って体の輪切りの画像を得ることができます。CTやMRIのような形態を観察する検査に対してPETは体の機能を観察するための検査です。糖代謝が活発な悪性腫瘍の診断に非常に有用な検査です。


外照射放射線治療装置(2008年、2010年導入)

03

X線およびCTにより得られた画像をもとに治療部位を正確に把握し、画像誘導放射線治療により正確な外照射放射線治療が行えます。


心臓血管撮影装置(2010年導入)

04

フラットパネルディテクタを用いたフルデジタルシステムの心血管撮影装置です。不整脈治療(カテーテルアブレーション)においてカルトシステムの磁場の影響を受けず精細な画像が得られるため迅速で正確な治療が可能となります。


3T(テスラ)MRI装置(2012年導入)

05

3T-MRI装置は信号精度の向上、組織間の信号差(磁化率効果)の増加などにより精度の高い画像を高速で提供できます。今まで難しかった微小出血 を描出できたり、スクリーニングとしての存在診断や、良・悪性の質的診断、治療効果や鑑別診断に有用な情報がえられるため診断及び治療への貢献が期待でき ます。


このページのTOPへ