中央採液室

中央採液室の特徴

内科外来処置室に併設されていた中央採液室は2010年11月に移転、拡充され、全診療科の外来患者さん(一部の小児患者さん)を対象に採血、採尿を行っています。

血液検査の結果は当日の診療に必要ですので、効率良く採血して待ち時間を短くするだけでなく、検査部とも連携して迅速に結果が得られるよう日々努力しています。

 室長 井戸 章雄
 プロフィール 1984年長崎大学卒業
専門は消化器病学、特に肝臓病学
(病院では消化器センター・消化器内科に所属)
 モットー 混雑する朝の採血業務を、笑顔を絶やさず、確実に、そしてテキパキと行います。

業務内容及び高度な医療機器等又は専門領域

採液

  • 静脈血採血、採尿(検尿)

組織図

01

このページのTOPへ