外来化学療法室

電話番号099-275-5694

外来化学療法室の特徴

鹿児島大学病院では、通院でより快適に、安全に抗がん剤治療が受けられるよう外来化学療法室を2006年4月に開設しました。それまでの抗がん剤による化学療法は、その使用法や副作用の管理が難しいため入院治療が主でした。

しかし、最近では新しい有効な抗がん剤の開発や副作用対策の進歩により、安心して外来で化学療法が受けられるようになりました。外来で行うことで患者さんが仕事や家事をしながら治療を継続でき、経済面の負担を少なくし、安心して治療を受けていただけます。

BGMが流れる治療室にはベッド5床、リクライニングチェア4床が設置してあり、テレビ・DVD鑑賞、読書や飲食もできるなど、治療の間、少しでも快適に 時間が過ごせるように配慮されています。また、3名の専任看護師が常駐し、患者さんの治療に関する相談にも応じております。専任薬剤師による無菌調剤の他、お薬の説明等も行います。

患者さんには利用に際して若干の負担金が発生しますが、"ぜひここで治療を受けたい"という治療室にしていきたいと思います。


外来化学療法室の様子1
外来化学療法室

外来化学療法室の様子2
薬剤師による無菌調整

外来化学療法利用件数の推移

このページのTOPへ