総合臨床研修センター(医科)

各部ホームページへ 電話番号099-275-6726

総合臨床研修センターの特徴

鹿児島大学は九州本土最南端に位置する大学で、鹿児島県はもとより熊本県人吉、宮崎県の一部を包含する医療圏の中心的機関として機能しています。大学院への進学、留学など将来の人生設計を立てるうえで多彩な選択が可能です。

 

鹿児島総合臨床研修プログラム「桜島」のコースの特徴は、

  1. チーム医療の実践や良き医療人の育成を目指しています。
  2. 学生、研修医の希望に添ったプログラムが構築されています。
  3. プライマリーケアから先端医療まで学べるプログラムになっています。
  4. 症例数が豊富で、すばらしい指導者に恵まれたプログラムです。
  5. 大学病院の利点と協力病院の利点のどちらも生かされたプログラムです。

 

工夫に工夫を重ね短期間の病院間の異動を少なくし、総合病院での研修や鹿児島市内での研修を増やすように、改善して参りました。

当大学では最先端の医療技術に精通した指導医が研修医、一人一人を丁寧に指導してくれます。ぜひ、「桜島」コースの門をたたいていただきますようよろしくお願いします。

 

センター長 佐藤 雅美

業務内容

総合臨床研修センターでは、研修医及び研修歯科医が本院のプログラムによる研修を通じて、医・歯学の医療の社会的ニーズを認識しつつ、医師及び歯科医師としての人間性の涵養とプライマリ・ケアの基本的診療能力(態度・技能・知識)の習得を達成することを目指しそのためのサポートを行っています。

職場紹介

01

医科研修では、研修期間の2年間を通じて、金曜日に1時間の合同研修会を行っています。また、この研修会は、協力病院で研修を行っている研修医も視聴できるように、インターネットを介しての情報発信も実施しています。

研修医の感想

研修医として鹿児島大学病院に採用され、1年以上が経ちます。研修1年目は、数ヶ月単位で小児外科、ICU、循環器内科、皮膚科、産婦人科、小児科を経験 しました。各科では問診や診察、採血、手術前後の患者さんの管理など、出来る範囲の仕事はどんどん任され、十分な研修を行うことが出来ます。出来ない部分 についても、先生方が段階を踏んで流れを見せてくださるため、目の行き届いた丁寧な指導が受けられるという実感がありました。私の取っている研修コースで は、東京の聖路加国際病院での研修も予定されています。そこで自分がどれだけ成長しているかを試したいと考えており、その研修を当面の目標にしています。

このページのTOPへ