総合臨床研修センター(歯科)

各部ホームページへ 電話番号099-275-6720

総合臨床研修センター(歯科)の特徴

鹿児島大学では、優れた医療人を育成するために、大学病院および院外の多くの臨床研修施設と連携し、高い倫理観と優れた人間性、充実した臨床能力の習得が図れるようなプログラムを準備しています。

また鹿児島大学病院は、南九州唯一の歯科医療者育成機関という地域特性を生かし、離島を含む地域医療従事者の養成にも積極的に取り組んでいます。

研修プログラムの特徴

アウトカム(研修の目標)

患者中心の全人的医療および包括的歯科医療を理解し、医療者としてのプロフェッショナリズムを涵養するために、将来独立して一般歯科診療に従事し得る基本的な診療能力を習得するとともに、歯科医学と歯科医療の進歩・向上に対応できる資質を身につける。

プログラムのアウトカム

患者中心の包括的歯科医療を実践するために、総合歯科医療の基礎についての基本的臨床能力を修得する。

研修のねらい

  • 歯科医師として好ましい態度を身につけ、患者および家族とのよりよい人間関係を確立する。
  • 全人的な視点から得られた情報を理解し、それに基づいた総合治療計画を立案する。
  • 歯科疾患と傷害の予防および治療における基本的技術を身につける。
  • 一般的によく遭遇する応急処置と、頻度の高い歯科治療技術が確実に実施できる。
  • 歯科診療時の全身的な偶発事項に適切に対応できる。
  • 医療安全・感染予防に対する対応を身につける。
  • 自ら行った処置の経過を観察、評価し診断と治療に常にフィードバックする態度を身につける。
  • 専門的知識や高度先進的技術に目を向け、生涯研修の意欲への動機付けができる。
  • 歯科医師の社会的役割を認識し、地域医療を実践する。

業務内容

総合臨床研修センターでは、研修歯科医が本院のプログラムによる研修を通じて、歯学医療の社会的ニーズを認識しつつ、歯科医師としての人間性の涵養とプライマリ・ケアの基本的診療能力(態度・技能・知識)の習得を達成することを目指し、そのためのサポートを行っています。

職場紹介

鹿児島大学病院(単独型臨床研修施設)で2か月の基礎研修を行った後、鹿児島大学病院歯科総合診療部を中心として総合歯科医療研修を行います。なお、期間中に研修協力施設での研修も実施します。

研修医の感想

OSCE
研修風景(OSCE)

私にとって、鹿児島大学は母校であり、見知った先生方と馴染んだ環境の中での研修は、とても楽しく幸せな毎日を過ごすことができた。

長かった学生生活を終え、社会人一年目として緊張や不安な気持ちでいっぱいの中、桜並木の下を通った研修初日からあっという間に一年が過ぎてしまった。一日一日が短過ぎると感じるほど、毎日が充実していた。

特に十月から半年に渡り研修を行った義歯補綴科では様々なことを勉強することができた。学生のときからよく知っている先生方なので、コミュニケーションも取りやすく、補綴のみならず色々なことをさせてもらえた。医局ならではの飲み会や学会の手伝いなども、大学に残ったからこそ出来た仕事であり、とてもいい経験をさせてもらえたと思う。

鹿児島大学で研修したことを今後に生かしていきたい。温かく指導してくださった先生方には心から感謝しています。ありがとうございました。

(平成24年度修了 大学病院歯科医療B)


研修風景
研修風景

わたしは歯科医師臨床研修Aプログラムで研修をしました。他大学から研修に来たということもあり最初は不安でいっぱいでしたが、同僚や指導医の先生方に支えられながら多くのことを学ぶことができ、充実した1年間だったと感じています。これからの長い歯科医師としての人生の中で、この1年が特に大きな意味を持つであろうと思います。

Aプログラムでは、配当された患者の治療計画を自分で立てて診療していくので、経過を追うことができ、自分の施した治療の成果を目の当たりにできるので大変良いと思います。予後が良ければ自分の治療に自信を持てますし、なかなか治療が進まなければ、何が悪いかを考え次の診療に活かすことができます。

この1年間で手技的なことも成長することができたと思いますが、診断と治療計画について学べたことがとても良かったと思います。患者さんの口腔内の状態や全身状態を把握し、正確な診断ができることが重要なのだと感じました。

鹿児島大学の研修で学んだことをこれから歯科医師として生きていく中で大いに活かそうと思います。

(平成24年度修了 大学病院歯科医療A)

このページのTOPへ