薬剤部

各部ホームページへ 電話番号099-275-5543

薬剤部の特徴

患者さんの安全を第一に考え、薬の適正使用に日々努めています。世界中で行われている薬の様々な研究より得られた膨大な情報を選定し、患者さん一 人一人に最も適した薬剤および情報を提供しています。また大学院生への教育・研究指導、医学部学生への教育、薬学部学生への臨床実習を行っています。さら に基礎から臨床まで幅広く研究に取組んでいます。

 

部長 武田 泰生(薬学博士)

業務内容及び高度な医療機器等又は専門領域

調剤業務

pic01

薬の専門家の目で、処方された薬の用法・用量が適切かどうか、飲み合わせに問題がないかなどを確認した後、内服薬や外用薬の調剤を行っています。また、休薬が必要なお薬については、患者さん毎に薬歴を確認し、適切な投与スケジュールにてお薬が処方されているか確認しています。

患者さんにとって、より安全で効果的な薬物治療のお手伝いを目指しています。

お薬に関してご質問などあれば、薬剤部調剤室窓口にお気軽に声をおかけ下さい。         

注射剤調剤業務

pic02

注射薬は内服薬よりも効果が高いため、安全で適切に使用することが重要です。薬剤師が注射処方せんにより個人別に調剤し、注射薬の適切な使用に貢献しています。

製剤業務

pic03

無菌製剤室では抗がん剤や高カロリー輸液の無菌的な調剤を行っています。また、消毒薬、院内製剤および市販されていない特殊な薬品の製造・供給を行っています。

がん化学療法管理業務

化学療法実施時に、吐き気止めやアレルギー予防薬などを含め、治療薬の組み合わせや投与量が適切かどうか患者さん毎に確認しています。また、院内のがん治療情報を収集管理し、薬剤師の目で見た安全な治療に取組んでいます。

薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務

入院患者さんに薬の情報を提供したり、処方された薬が患者さんに合ったものか、飲み合わせに問題はないかなどを確認し、薬物療法の有効性・安全性の向上に努めています。

医薬品情報管理業務

薬の有効性、安全性、相互作用などの情報を院内に発信し、さらに、一般の方はもちろんのこと、医師、看護師からの薬に関する問合せにお答えしています。

薬物血中濃度モニタリング業務

血液中の薬の濃度を測ることにより、体内に入った薬の量が分かります。その量が適切かどうか判断し、患者さんそれぞれに合った投与量を設計しています。

薬務

業務の円滑な遂行のため、院内各部署との連絡・連携を図っています。また、職員、学生などの研修や教育に関する業務も行っています。

薬品・麻薬管理業務

薬品管理室では、病院で使用する医薬品の発注と在庫管理を行っています。麻薬管理室では、麻薬の保管、管理、廃棄等を行っています。また、麻薬施用に関する教育を行っています。

治験薬管理業務

治験(医薬品候補の臨床試験)を科学的、倫理的に実施するための管理業務を行っています。治験担当医師と治験に参加される患者さんをしっかりサポートします。

歯科薬剤室

歯科部門における調剤、注射剤調剤、製剤、医薬品情報提供、薬剤管理指導および医薬品の管理などの医療業務を行い、歯科診療の薬物療法に貢献しています。

リハビリテーションセンター薬剤室

主に脳卒中後のリハビリ目的で入院された患者さんに薬の説明を行っています。再発予防のための薬物療法やリハビリに必要な薬について情報提供を行っています。

職場紹介

薬剤部は平成28年6月1日現在、薬剤師59名、技能補佐員9名、社会人大学院生9名(薬剤師職員5名を含む)、卒後研修生1名、合計73名が在籍する大所帯となっております。

自己研鑽の職場

患者さんにより良い医療を提供するために、日々自己研鑽に励んでいます。特に、月曜日の業務終了後には、最新の臨床的な知見を得るための英語論文紹介、木曜日には、製薬メーカーによる新薬紹介、薬剤部員による処方検討会、疑義照会報告会、大学院生を交えた基礎的な英語論文紹介などを行っています。なお、月曜日にはその後、外国人講師による英会話レッスンを行っています。

病院薬剤師のリーダーを目指す職場

薬剤部にはがん専門薬剤師をはじめ各種の認定薬剤師がおり、鹿児島県の病院薬剤師のリーダー役として、その活動の場は国内に止まらず、海外の学会活動などにも及んでいます。さらに、鹿児島県病院薬剤師会の事務局の役割も担っています。

また、薬剤部は日本医療薬学会認定薬剤師研修施設、日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設、日本病院薬剤師会のがん薬物療法認定薬剤師研修事業研修施設、プレアボイド報告施設(薬剤師としての患者ケアによる副作用・相互作用等回避を報告する制度)など、勤務する薬剤師の研修施設にもなっています。

医学部生や薬学部生への教育を行う職場

鹿児島大学医学部の学生のみならず、他大学からの薬学部臨床実務実習生などへの講義や実習指導を行っています。

また、研修医や新任看護師へのガイダンス などでも活躍しています。さらに、県下の高校生に対して、薬剤師の仕事内容を直接見学し、理解を深めてもらうことを目的として病院薬剤師の仕事についての見学会を夏休みに開催しています。

研究を行っている職場

  1. 抗がん剤の副作用発症機構ならびに耐性機構の解明、
  2. 抗菌剤の効果を最大限に発揮し、副作用が発生しない有効血中濃度域の探索、
  3. 多発性硬化症など脳神経疾患の治療を目的に神経のミエリン形成機構の解明、
  4. 薬剤経済、IT化への取り組み

など基礎から臨床まで幅広く研究を行っています。

以上のように、当薬剤部は大学病院薬剤部としての責務である医療、教育、研究に対して、どれ一つ手を抜くことなく一生懸命取組んでいます。

薬剤部組織図

pic07

当院採用後発医薬品

pdf鹿児島大学病院採用後発医薬品一覧.20170126改訂124.42 KB

このページのTOPへ