腫瘍センター

各科ホームページへ  電話番号099-275-5111

腫瘍センターについて

腫瘍センターは、特定機能病院である鹿児島大学病院のがん診療を統括する部門であるとともに、都道府県がん診療連携拠点病院として鹿児島県の地域医療機関との連携及びがん診療に関する教育・研修を推進する役割を担っています。

その活動は、がん診療企画、がん緩和医療、がん登録、がん相談・連携、放射線療法、化学療法の6部門に分けて実施しています。

がん患者の診断・治療・闘病のサポート体制を確立し、すべてのがん治療分野で世界標準の医療を提供できるようになることが目的です。

腫瘍センターの6つの部門

がん診療企画部門 がん緩和医療部門 がん登録部門 がん相談・連携部門
放射線療法部門 化学療法部門    

鹿児島県がん診療連携がんパス「私の手帳」

鹿児島県がん診療連携がんパス(私の手帳)とは、地域のかかりつけ医と病院の医師が、患者さんの診療経過を共有できる診療計画表のことです。

「私の手帳」を活用して、患者さんを中心にかかりつけ医と病院医師が情報交換を行い、よりよい医療と安全を提供します。この「私の手帳」を利用し、かかりつけ医を持つことで、診療の待ち時間の短縮や通院時間の短縮など患者さんの負担軽減にもなります。さらに、患者さんご自身が診療計画書や病気を理解したうえで、治療の目標を管理することができ、かかりつけ医のもとで、手厚い診療を受けることができるようになります。

鹿児島県「私の手帳」センターサイトへ

かごしまがんサポートハンドブック

かごしまがんサポートハンドブックは、がんと診断された患者さんの抱える不安や思いに寄り添い、支えとなることを目指して作られました。

活用できる相談窓口や、経済的・社会的な制度、お住まいの地域の支え合いの場の情報などを、がんの治療過程のおおよその流れに沿って4部構成でまとめてあります。是非、活用してみてください。

「かごしまがんサポートハンドブック」ページ

このページのTOPへ