院長挨拶

安心・安全な医療をめざした英知の結集

病院長
病院長 夏越祥次

 鹿児島大学病院の前身は明治2年3月、薩摩藩医学校および病院設立から始まります。江戸駐在の医師ウイリアム・ウイルス先生が薩摩藩に招聘され医学校長となっています。本州最南端の地から日本の近代医学・医療の礎を築き、発展に貢献されました。昭和18年に鹿児島医学専門学校が開設され、鹿児島大学病院の歴史が始まっています。私たちは,先人たちが築いてこられた鹿児島大学病院の医療をさらに発展させ、若い世代に継承していくことが責務と考えます。

地域医療および高度医療への貢献

 鹿児島は1県1大学で、大学病院は唯一の特定機能病院であり、鹿児島県の難治性疾患の最後の砦として対応していく必要があります。そのためには臨床や研究に研鑽し、質の高い医療や先進的医療を行い、地域医療の充実に努めてまいります。近年、高齢化社会を迎え重複合併症を持つ患者さんが増加してきています。他科との連携により一人一人の疾患に応じた個別化治療を実践しています。また平成29年度はハイブリッド手術室の設置や手術支援ロボットのダビンチを導入して高度医療に貢献しています。

教育・研修の充実

 大学病院の重要な役割の一つである教育・研修の充実に努めます。鹿児島県の特徴として、離島および僻地が多くあることです。学生時代から離島・僻地医療教育に力を入れています。地域医療を守るために関連病院と密な連携を取りながら研修病院としての役割を果たしています。鹿児島大学病院から斬新な僻地・離島医療モデルを作り、将来は東南アジアなど世界に発信できる医療体系を作成したいと思っています。

病院再開発

 平成17年度から「21世紀に輝くヒューマントータルケア病院」を目指した病院再開発計画が着手され、平成19年からは新中央診療棟の建設に着工し、平成21年6月に完成いたしました。平成23年4月からは新病棟(C棟)の建設に着工し、平成25年7月に竣工いたしました。新病棟は9階建てであり、屋上にはヘリポートが整備されています。8階は総合臨床研修センターを設置し、医師等の研修のための総合シミュレーションセンターが利用でき、初期研修の環境整備が充実しています。患者さんの病床や食堂から眺望できる錦江湾にそびえる桜島は、患者さんのみならず職員の心の癒しと生への源になっています。現在、B棟が建設中であり、平成29年度中に竣工予定です。その後、旧東・西病棟の取り壊したのち、A病棟の建設に入る予定です。病院再開発整備計画は平成35年度までかかる予定で、その間工事による騒音や各部署への移動などご不便をおかけすることになりますが、職員一同誠意をもって対応していきます。

 

 鹿児島大学病院は地域医療を行うともに、最新治療も導入して患者さん一人一人に最適な治療を目指します。そのために鹿児島大学病院職員全体が、「安心・安全な医療をめざした英知の結集」をスローガンに、一致団結して医療に取り組んでまいります。皆様の暖かいご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

病院長 夏越祥次

 

このページのTOPへ