沿革

明治2年 3月 薩摩藩医学校及び病院設立
  12月 医学校長兼病院長に英国人医師ウイリアム・ウイリスが就任
明治13年 6月 県立鹿児島医学校及び附属病院設立(加治屋町仮舎屋)
明治15年 1月 山下町旧軍馬方跡(西郷南洲の私学校跡)に移転
明治21年 3月 県立鹿児島医学校及び附属病院を廃止、その後病院のみ民営、市営、県営として存続
明治40年 4月 病院は、鹿児島県に移管され県立鹿児島病院として開設
昭和12年 12月 県立霧島温泉療養所設立
昭和17年 12月 県立鹿児島医学専門学校設置認可
昭和18年 1月 病院は、県立鹿児島医学専門学校設立により同専門学校の附属病院と改称
  4月 医専は、仮校舎を鹿児島市山下町に定め、第1回入学式を挙行
昭和19年 4月 県立霧島温泉療養所は、県立鹿児島医学専門学校附属霧島温泉研究所と改称、 戦時中海軍病院として運営
  12月 医専は、鴨池町新校舎に移転
昭和22年 6月 県立鹿児島医科大学設置認可、同年7月予科第1回入学式挙行
昭和24年 2月 県立鹿児島大学設置により県立医専及び県立医大は同大学に統合
  4月 病院は、県立鹿児島大学医学部附属病院として発足
県立鹿児島医学専門学校附属霧島温泉研究所は、 県立鹿児島医科大学附属霧島温泉研究所と改称
  6月 県立鹿児島大学を鹿児島県立大学と改称
昭和27年 2月 鹿児島県立大学医学部設置認可
  3月 県立鹿児島医学専門学校廃止
  4月 県立鹿児島医科大学附属霧島温泉研究所は、鹿児島県立大学医学部附属霧島温泉研究所と改称
昭和29年 5月 県立鹿児島医科大学に研究科開設
昭和30年 7月 鹿児島県立大学医学部は国立移管され、鹿児島大学医学部と改称
昭和32年 2月 医学部は、山下町(旧七高跡地)に移転
  4月 附属看護学校設置
  10月 附属助産婦学校設置
昭和33年 4月 鹿児島県立大学医学部廃止
  5月 病院は、国立移管され、鹿児島大学医学部附属病院となり、霧島温泉研究所は、 鹿児島大学医学部附属病院分院と改称(本院600床、分院35床)
昭和34年 4月 歯科口腔外科学講座設置
鹿児島大学大学院医学研究科設置
昭和35年 4月 附属熱帯医学研究施設設置
附属病院歯科口腔外科設置
昭和36年 3月 県立鹿児島医科大学廃止
  4月 附属保健婦学校設置
昭和37年 4月 附属病院薬局は、薬剤部と改称
昭和38年 4月 附属病院検査部設置
昭和39年 4月 医動物学講座設置、附属病院事務機構整備により部制となり、管理課及び業務課の2課を設置、分院は、霧島分院と改称
昭和40年 4月 皮膚泌尿器科学講座は、皮膚科学講座と泌尿器科学講座に分離設置(文部省令第20号)
附属病院皮膚泌尿器科は、皮膚科と泌尿器科に分離設置、附属病院手術部設置
昭和41年 4月 公衆衛生学講座設置(文部省令第23号)
昭和42年 6月 附属腫瘍研究施設設置(文部省令第11号)
附属病院材料部設置(文部省訓令第24号)
昭和43年 4月 鹿児島大学医学部開学25周年記念式典及び西洋医学開講100年記念式典挙行
昭和44年 4月 麻酔学講座設置(文部省令第9号) 附属病院麻酔科設置(文部省訓令第13号)
  5月 内科学第三講座設置(文部省訓令第14号)
昭和45年 4月 附属病院第三内科設置(文部省訓令第22号)
病床の増床(本院620床)
昭和48年 4月 附属動物実験施設設置(文部省令第4号)
昭和49年 4月 脳神経外科学講座設置(文部省令第7号)
脳神経外科学講座設置(文部省令第7号)
附属病院放射線部設置(文部省訓令第10号)
  9月 鹿児島市宇宿町に移転
昭和50年 4月 口腔基礎医学講座設置(文部省訓令第16号)
昭和51年 5月 附属病院看護部設置(文部省訓令第12号)
昭和52年 4月 病床の増床(660床)
  10月 霧島分院リハビリテーション部設置(文部省訓令第34号)
昭和53年 4月 附属病院事務部機構の整備により、総務課、管理課及び医事課の3課を設置(文部省訓令第7号)
歯学部設置に伴い、歯科口腔外科学講座及び口腔基礎医学講座は、歯学部へ移行(文部省令第13号)
  10月 附属病院分娩部設置(文部省訓令第30号)
附属病院基準看護精神、特1類承認
昭和54年 4月 生化学第二講座設置(文部省訓令第10号)
昭和55年 4月 解剖体慰霊碑建立
附属病院小児外科設置(文部省訓令第8号)
附属病院事務部機構の整備により、分院事務部設置
昭和56年 11月 動物慰霊碑建立
昭和57年 4月 ウイルス学講座設置(文部省令第13号)
附属熱帯医学研究施設廃止(文部省令第4号)
昭和58年 12月 附属病院医療情報室開設
昭和59年 4月 附属病院救急部設置(文部省訓令第9号)
昭和60年 4月 附属病院集中治療部設置(文部省訓令第8号)
  5月 附属病院理学療法室設置
  6月 附属病院中央採液室設置
  10月 鹿児島大学医療技術短期大学部設置
昭和61年 2月 附属病院血液センター設置
  4月 臨床検査医学講座設置(文部省令第13号)
附属病院臨床心理室設置
附属病院医療情報室設置
昭和63年 4月 医学部及び附属病院の事務部を一元化し、医学部事務部を設置(総務課、管理課、学務課及び医事課の4課制)(文部省令第16号)
霧島分院廃止(文部省訓令第13号)
リハビリテーション医学講座設置(文部省令第16号)
附属病院リハビリテーション科設置(文部省訓令第13号)
附属看護学校廃止(文部省令第7号) 附属病院栄養管理室設置
平成元年 3月 附属助産婦学校及び保健婦学校廃止(文部省訓令第12号)
  4月 鹿児島大学医療技術短期大学部に専攻科(助産学・地域看護学)を設置
  7月 附属病院医療情報部設置
  12月 附属病院基準看護神経科精神科特2類承認
平成2年 6月 附属病院輸血部設置(文部省訓令第12号)
平成3年 4月 小児外科学講座設置(文部省令第21号)
平成4年 4月 附属病院医療情報部設置(文部省訓令第10号)
平成5年 4月 附属難治性ウイルス疾患研究センター設置(文部省令第17号)
麻酔学講座を麻酔・蘇生学講座に改称(文部省令第18号)
附属病院麻酔科を麻酔科蘇生科に改称(文部省訓令第2号)
鹿児島大学医学部創立50周年記念式典挙行
平成6年 4月 ウイリアム・ウイリス没後100年記念式典挙行
  6月 附属病院心身医療科設置(文部省訓令第16号)
平成8年 5月 医療情報管理学講座設置(文部省令第19号)
平成9年 3月 鹿児島大学医学部創立50周年記念会館(鶴陵会館)落成記念式典挙行
  4月 医療総合科学講座設置(文部省令第15号)
周産母子センター設置(文部省訓令第11号)、分娩部は廃止
平成10年 10月 医学部保健学科設置
平成11年 4月 医学部医学科学生入学定員15名減(計85名)
平成12年 10月 医学部医学科学士編入学制度導入(第2年次後期 定員10名)
平成13年 4月 離島医療学講座設置
血液浄化療法部設置
  5月 治験管理センター設置(院内措置)
遺伝カウンセリング室設置(院内措置)
  10月 卒後臨床研修センター設置(院内措置)
平成14年 3月 クオリティーマネジメント室設置(院内措置)
離島・地域医療連携室設置(院内措置)
附属動物実験施設廃止、生命科学資源研究開発センター改組
医療技術短期大学部閉学
  4月 病理部設置
平成15年 3月 附属腫瘍研究施設廃止
  4月 附属難治性ウイルス疾患研究センターを附属難治ウイルス病態制御研究センターへ改組・改称
光学医療診療部設置
大学院保健学研究科設置(保健学専攻22名)
大学院医学研究科、歯学研究科を統合再編し、大学院医歯学総合研究科を設置(健康科学専攻36名、先進治療科学専攻58名、計94名)
  10月 医学部附属病院と歯学部附属病院を統合し、医学部・歯学部附属病院を設置
医療法上名称 : 鹿児島大学病院
病床数 : 740床(一般667床 精神45床 結核28床)
医療法上名称 : 鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター
病床数 : 50床(一般50床)
平成16年 4月 国立大学の法人化
  9月 結核病床見直し13床
病床数 : 725床(一般667床 精神45床 結核13床)
平成19年 6月 霧島リハビリテーションセンター
病床数:50床(一般病床24床、回復期リハビリテーション病棟26床)
  11月 病院再開発整備開始
平成21年 10月 新中央診療棟稼動開始
平成22年 12月 病床数:720床(一般662床、精神45床、結核13床)
平成25年 12月

C棟稼働開始

病床数715床(一般662床 精神42床 結核13床)

平成26年 4月 救命救急センター設置

このページのTOPへ