広報誌「桜ヶ丘だより」

「桜ヶ丘だより」は2006年4月に創刊された鹿児島大学病院の広報誌です。皆様に大学病院の事をもっと知ってもらうために、作りました。各診療センター・中央診療部の診療内容、学生教育・卒後教育、生涯教育、研究成果などを皆様にお伝えします。桜ヶ丘の上にそびえ立つ遠い病院ではなく、皆様に愛され親しまれる鹿児島大学病院を目指していきます。

「桜ヶ丘だより」をご覧になりたい方は下の表紙をクリックしてください。

sakura 49

pdf桜ヶ丘だより 49号 2018.8

  • 【特集】外科医の眼と技で脳神経疾患を治療する脳神経外科
  • 臨床技術部 臨床工学部門 ~医療機器のスペシャリスト~
  • 地下水膜ろ過システムを導入
  • 小児科病棟で「キワニス・ドール」の贈呈式が行われました
  • 平成30年度 桜ヶ丘地区 第1回 消防訓練が行われました
sakura48 1

pdf桜ヶ丘だより 48号 2018.3

  • 【特集】新病棟(B棟)が完成しました
  • 鹿児島大学病院での薬剤耐性菌対策
  • 点眼薬の疑問に答えます
sakura47

pdf桜ヶ丘だより 47号 2018.1

  • 【特集】象牙質知覚過敏症のいま~生活習慣病として考える~(保存科)
  • 鹿児島大学病院が地域医療連携の要に~鹿児島大学病院連携医療機関登録制度の創設~
  • 魚ごよみ
  • トピックスー「地域医療を支える看護師特定行為シンポジウム」を開催しました
sakura46 

pdf桜ヶ丘だより 46号 2017.9

  • 夏越祥次病院長に聞く 鹿児島大学病院のこれから
  • 【特集】大動脈瘤・大動脈解離治療の更なる発展を目指して(心臓血管外科)
  • くすりばこ ー食べ物や健康食品と医薬品の飲み合わせの疑問に答えますー
sakura45

pdf桜ヶ丘だより 45号 2017.4

  • 【特集】てんかんの医学的・社会的な克服を目指して(てんかんセンター)
  • 鹿大病院活き活きボランティアの紹介
  • 魚ごよみ
  • 【トピックス】鹿児島大学病院が瀬戸内町と包括連携協定を締結
Back to Top