平成30年9月3日

 

多剤耐性アシネトバクターの院内感染事例に伴う

              救急患者受入れ制限解除(再開)のお知らせ

 

  8月23日に本院ホームページにてお知らせしました標記感染事案に関する院内対策等に関しまして、

  予定どおりICUを閉鎖し、噴霧除染を実施しました。このたび作業が全て完了しましたので、ICU

  の受入れならびに代替病棟としていました救急病棟を通常運営としまして、救急患者受入れを再開いた

  します。

  ※関係の皆様をはじめ、県民の皆様には、制限期間内はご不便をお掛けしましたことをお詫び申し

  上げるとともに、ご理解・ご協力いただきましたことに重ねてお礼申し上げます。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 <ICUの閉鎖について>  (8月23日掲載 本院ホームページより抜粋)

  本年4月以降、現在まで多剤耐性アシネトバクター検出事例はございませんが、院内の感染対策を徹

 底するために、ICUを一時的に閉鎖し噴霧除染を行います。

   ○ICUの閉鎖にあたりましては、救急部の病床をICUの代替病床として、活用することといた 

  しました。 (完全閉鎖期間 8月24日~9月2日)   

     ○ このため、現在、救急の患者の受入れ制限を実施しています。

   ただし、本院しか対応できない重症例は、受入れを行います。

        (制限期間  8月13日~9月2日)

 

Back to Top