11月2日の夜、鹿児島市最大の祭りイベント「おはら祭り」の前夜祭に本院の医師、看護師、医療系技術職員、事務系職員など病院内のあらゆる職種の職員からなる総勢281名の大踊り連が参加しました。今年で64回目を迎えるおはら祭りへの鹿児島大学病院の参加は38回と歴史が古く、病院の恒例行事となっております。

 前夜祭会場である天文館通りから、熊本病院長と髙松理事を先頭に出発し、向窪看護部長、平原事務部長、島森総務課長、脇野経営企画課長らが続きました。当日は天気が心配されましたが、浴衣姿や法被姿の参加者が約2時間皆元気よく踊り、大学病院をアピールするとともに、職員同士の連帯感を深めました。

     201511oharamaturi1                 201511oharamaturi2

   (先頭で踊る病院長)                    (踊り連の様子)

Back to Top