センター長あいさつ

鹿児島大学附属病院 地域医療連携センター長 家入里志

本年度から、鹿児島大学病院の地域医療連携センター長を拝命しました家入です。

病診連携が叫ばれて久しいですが、少子高齢化が進む中でわが国もいよいよ人口減少社会を迎えています。鹿児島県も例外ではなく、一部の自治体をのぞくと鹿児島市を含めて人口減少がすでに始まっており、医療も変革をせまられています。今後国は社会保障制度を徐々に見直し、現状に即した急性期病床の設定、そして在宅医療への転換を図るものと考えられます。

その中にあって大学病院と医療機関との連携の重要性はますます高まり、この医療連携によって健康寿命の延長と、疾病からの早期社会復帰、そして病児であっても次世代を担うこどもたちへの健全な成長への医療を提供していくことが不可欠になります。

鹿児島大学病院は最先端の高度医療の提供とともに、ニーズに即した地域医療とそれに伴う病診連携のために地域医療連携センターがその役割を果たしています。 地域医療連携センターは、皆様からの要望やご相談に最大限お答えできるように努めてまいります。


鹿児島大学病院 地域医療連携センター長
家入 里志

  • 診療科別のご案内
  • 主な疾病別
  • 診療日のご案内
  • 特殊外来のご案内
  • 専門的な検査・治療
  • 鹿児島大学病院