各科ホームページへ 腫瘍センターがんゲノム診療部門 電話番号099-275-5111

がん遺伝子診断外来のご紹介

平成30年7月より、鹿児島大学病院は、「がん遺伝子診断外来」を開設し、複数のがん遺伝子を調べる検査を導入致します。
本外来では、
1. 自費診療による網羅的がん遺伝子検査(プレシジョン検査)と
2. 先進医療による網羅的がん遺伝子検査(NCCオンコパネル検査)を実施します。

医師紹介

 氏名職名専門分野
部門長 上野 真一 特任教授 臨床腫瘍学・消化器外科
副部門長 鈴木 紳介 特任講師 臨床腫瘍学・血液内科・膠原病内科・腫瘍内科

診療曜日・時間表

※がん遺伝子判断外来は、午後2時〜午後4時に行います。

診療科 がん遺伝診断
診療日 毎週 月・木
診療時間 午後
診療内容 複数のがん遺伝子を調べる検査を行います。
担当医師 上野・鈴木

初めて受診される方へのお知らせ

がん遺伝子診断外来の受診は、現在がん診療中の医療機関からの紹介および予約が必要です。主治医の先生にご相談の上、 各医療機関を介して予約して下さい。詳細につきましては、資料および以下の項目をクリックし、ご確認下さい。 

鹿児島大学がん遺伝子診断検査の流れ

がんゲノム医療とは

鹿児島大学 がん遺伝子検査

対象となる患者さん

患者さん対象 / 自己判断チェックリスト

お問い合わせ・相談・資料請求

Q & A

NCCオンコパネルについて(国立研究開発法人 国立がん研究センター)

遺伝カウンセリグ室へ

本検査を受ける際の注意点【重要】

  • 本検査を利用しても、あなたのがんの診断や治療に有用な情報が得られない可能性があります。
  • 本検査は、治療効果が期待できる治療薬の情報を提供しますが、その治療薬の治療効果を保証するものではありません。
  • 本検査であなたのがん細胞で起こっている遺伝子変異に対して効果が期待される薬剤が見つかったとしても、あなたのがんに対して承認されていない(※)場合、薬剤の入手が出来ない、あるいは投与が出来ない可能性があります。また、治療費は自己負担となります。

※「保険診療で使えない薬剤」または「他のがんや病気では保険診療で使えるが、あなたのがんでは使えない薬剤」を指します。がん遺伝子診断外来は、がんの治療・診断に関するセカンドオピニオン外来とは異なります。診断内容や治療方針について、専門医の意見や判断を希望される場合には、別途、セカンドオピニオン外来にお申し込みください。

“がん”と診断(※)された方へ

  • これから治療を受ける方
  • 現在治療中の方
  • 有効な抗がん薬がないと言われた方

を対象に、がんゲノム検査を実施します。

※ 組織を採取して行った検査によって悪性腫瘍(がん・肉腫など)と判断された方

この検査でわかること

  • 患者さんそれぞれの“がんの個性”がわかります。
  • 治療効果が期待できる国内で承認済みの抗がん薬や治験薬の情報が得られます。

がんゲノム検査 / 鹿児島大学病院 プレシジョン検査

検査の費用:自費診断となるため、患者さんご自身に費用の全額をご負担いただきます。

 区分プレシジョン検査
検査対象遺伝子数 160
検査期間(最短) 3週間
税込費用 760,000円
がん遺伝子診断相談料(税込) 35,000円

 

お問い合わせ先

検査に関する電話でのご相談は、下記にお問い合わせください。ただし検査の予約は、現在治療を受けている医療機関を介しての紹介予約となります。まずは主治医の先生にご相談ください。

鹿児島大学病院 がん相談支援センター

電話番号099-275-5970

  • 本検査を利用しても、あなたのがんの診断や医療に有用な情報が何も得られない可能性があります。
  • 本検査は、治療効果が期待できる治療薬の情報を提供しますが、その血ようやくの治療効果を保証するものではありません
  • 本検査であなたのがん細胞で起こっている遺伝子変死に対して効果が期待される薬剤が見つかったとしてもあなたのがんに対して承認されていない場合、薬剤の入手が出来ない、あるいは投与が出来ない可能性があります。また、治療費は自己負担となります。
Back to Top