各科ホームページへ 電話番号099-275-5731

よくある質問

呼吸器内科の紹介

呼吸器内科で診療を行う病気は腫瘍、感染症、閉塞性疾患、アレルギーなど多岐にわたります。なかで も、WHOによる2020年度世界死亡原因予想の上位にあげられるCOPD・肺癌・肺炎など頻度の高い疾患や、治療が難しい間質性肺炎・難治性喘息について最新のエビデンスに基づいた治療を行うことができるよう取り組んでいます。

医師紹介

 氏名職名専門分野
部門科長 井上 博雅 教授  
副部門科長 水野 圭子 助教 肺癌
外来医長 町田 健太朗 助教 肺癌、COPD
病棟医長 籾 博晃 助教  

診療曜日・時間表

※専門外来は、初診・再診どちらも曜日指定があります。

初診診療曜日 月・水・金
初診の方は、紹介医により医務課外来予約担当(電話099-275-5168、FAX099-275-6698)にて予約をとり、紹介医からの紹介状をご用意下さい。なお、原則として予約された方のみの診療になります。
再診診療曜日 月・水・木・金
受付時間 8:30~11:00
原則としてすべての患者さんで予約が必要です。
診療時間 8:30~17:00
休診日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)
※診療部門科の都合により、診療日が変更になることもあります。

担当医診察日一覧へ

診療分野および高度な医療機器等

診療分野

腫瘍性病変 肺癌、悪性胸膜中皮腫、縦隔腫瘍など
免疫/アレルギー系疾患 気管支喘息、過敏性肺炎、膠原病関連間質性肺炎など
感染性疾患 肺炎、結核、非結核性抗酸菌症など
生活習慣や環境に関連した疾患 COPD(慢性閉塞性肺疾患)、塵肺など
原因不明の疾患 特発性間質性肺炎、びまん性汎細気管支炎(DPB)など

高度な医療機器等

気管支腔内超音波断層法(EBUS)

細径超音波プローブを気管支内に挿入し、気管支壁や壁外の輪切り像を抽出する新しい方法です。これを用いることによって、リアルタイムにリンパ節を見ながら吸引生検を行うことが出来ます。また末梢の腫瘍についても超音波で確認することによって高い診断率が得られるようになってきています。

実績

当院の呼吸器内科は平成22年6月に呼吸器内科学講座として新しくスタートしました。その後、各方面から多くの患者さんを紹介していただいております。下記に平成24年度(平成24年4月~平成25年3月)の実績を示します。

診療科で扱った主な手術や処置の件数 平成24年度

気管支ファイバースコープ 189件
肺がん化学療法

外来化学療法 80件

入院化学療法 212件(平成24年度)

場所

2f

フロアマップ

※正面玄関は午前6時から午後6時まで(土・日・祝祭日は除く)

Back to Top