対象となる患者さん

がんゲノム医療部門

プレシジョン検査

がん組織から抽出した核酸(DNA)と、血液の正常細胞(白血球)から抽出したDNAを比較することで、がん細胞に特異的な遺伝子の異常を見つけるものです。従って、対象となる患者さんは、病理組織学的検査によって悪性腫瘍(がん)と診断された患者さん、もしくは、現在、悪性腫瘍(がん)の治療が行われている患者さんです。がんに罹患しているかどうかを調べること(スクリーニング、検診)は出来ません。また、遺伝性のがん(家族性乳癌、遺伝性大腸癌等)に罹患する可能性について検査を希望される場合には、別途、遺伝カウンセリングの受診が必要となります。

NCC-オンコパネル検査

現在、国立がん研究センター主導の先進医療で実施され、約1年後に保険収載が予定されているがん遺伝子パネル検査が「NCC-オンコパネル検査」で、114遺伝子の解析が行われます。適応としては「原発不明がん」「稀少がん」などがあり、まだ多くの患者さんに対応しているわけではありません。詳しくは、がん遺伝子診断外来にお問い合わせください。

 

検査を受けることで役立つこと

  • 患者さんのがん細胞に見られる遺伝子の異常が明らかとなり、がんの個性が分かります。
  • 治療効果が期待できる国内で承認済みの治療薬の情報が得られます。
  • 治療効果が期待できる国内で臨床試験(治験等)中の治療薬の情報が得られます。
  • 治療効果が期待できる国内未承認、海外で承認済みあるいは臨床試験(治験等)中の治療薬の情報が得られます。

 

本検査を受ける際の注意点【重要】

  • 本検査を利用しても、あなたのがんの診断や治療に有用な情報が得られない可能性があります。
  • 本検査は、治療効果が期待できる治療薬の情報を提供しますが、その治療薬の治療効果を保証するものではありません。
  • 本検査であなたのがん細胞で起こっている遺伝子変異に対して効果が期待される薬剤が見つかったとしても、あなたのがんに対して承認されていない(※)場合、薬剤の入手が出来ない、あるいは投与が出来ない可能性があります。また、治療費は自己負担となります。

※「保険診療で使えない薬剤」または「他のがんや病気では保険診療で使えるが、あなたのがんでは使えない薬剤」を指します。がん遺伝子診断外来は、がんの治療・診断に関するセカンドオピニオン外来とは異なります。診断内容や治療方針について、専門医の意見や判断を希望される場合には、別途、セカンドオピニオン外来にお申し込みください。

 

自己診断チェックリスト

gairai checklist pic


自己診断で、がん遺伝子検査の対象となり、検査を希望する方は、
現在、がんの治療を受けている医療機関の医師へパンフレットを持参し、ご相談ください。

【がん遺伝子診断検査 資料請求】 鹿児島大学病院 事務部 医務課

099-275-5141

(平日9時〜17時)

Back to Top