鹿児島大学病院での研修は、大学病院、開業医等の協力型施設だけでなく、技工所、市中病院など様々な施設で研修することができ、歯科医師としての幅広い役割を学べ、地域医療を担う上での基礎を築く事ができたと思う。

私の選択したBプログラムは、1年間大学病院で診療するプログラムで、保存系、補綴系、外科系の3科をローテーション方式で回る。メリットは一般歯科の王道を学べる点と、あまり臨床経験を積むことのできない外科を3ヶ月間経験できる点である。デメリットは診療内容をある程度理解できるようになった時期に、他科への研修に変わってしまうため、中途半端な研修になる可能性がある。

鹿児島大学病院は、南九州の拠点として地域の口腔衛生を支える重要な役割があり、研修では離島巡回診療、障害者治療の普及事業、訪問診療、NSTラウンドへの参加など通じ、地方都市では歯科が多方面から求められているという状況を知ることができた。一方で、その需要にまだ答えられず、歯科の役割が定まっていないという現実も知ることができた。

鹿児島大学病院は患者数が多いとはいえず、経験できる症例数は決して多くはないかもしれない。しかしながら、地方都市であるがゆえに地域医療の現状を身をもって感じられ、地域の口腔衛生を支えるというプロフェッショナリズムを持つことができたと思う。

いずれはかかりつけ歯科医として開業したい、地域医療のことをもっと学びたい、進路に迷っているという人にとって、鹿児島大学病院での研修は非常に有意義なものになるだろう。 

平成28年度修了 内藤克明

私は地域歯科医療プログラムで半年間県外の歯科医院で研修を行いました。

まずは、前半の鹿児島大学での臨床研修についてです。私は鹿児島大学出身ということもあり、顔見知りの先生に再びお世話になるという状況でした。周囲の環境も変わることも無かったため、歯科医師としての仕事に集中することができたのではないかと思います。歯科医師としての自分に慣れるための半年間を母校である鹿児島大学で研修することができ、良かったと感じます。

次に、協力型施設での研修です。結論から言うと、研修先に選んで成功でした。ここには書ききれないほど多くのことを学び得ることができました。

これからの歯科医師人生の中で1年という年月はたかが知れたものですが、最初の1年は自分の理想とする歯科医師像を考える上での重要な時間になってくると考えます。そのような大切な1年を鹿児島大学で過ごすことは非常に有意義なものになるのではないかと思います。  

平成27年度修了 山本 祐士

私は、鹿児島大学 大学病院歯科医療B1プログラムで、矯正歯科、顎顔面外科、歯科総合診療部、保存科をローテーションしながら研修させていただきました。私は鹿児島県出身ではないうえに、他大学出身で最初は先生方や研修医のみんなとうまくやっていけるか非常に不安でした。いざ研修が始まってみると先生方や研修医のみんなが本当に優しくて、1年間の研修を終える頃には、鹿児島大学出身だと勘違いされるほど、すっかり馴染んでしまいとても楽しい研修医生活を送ることができました。もちろん、研修をさせていただく中で、出身大学との違いにとまどったり、大変なことも多々ありましたが、その分様々な考え方や術式を学ぶことができ、歯科医療に対する視野を広げることができたと感じています。研修中は、自分の未熟さや勉強不足、医療人としての自覚の甘さを痛感し、時にはミスをして指導医の先生に指導を受け、落ち込む日もありました。しかし、研修医控室に戻れば、研修医のみんながいて、悩みや愚痴を話し、互いに励ましあい、同じ立場の仲間達と共に成長することができました。今振り返ってみると、研修医という立場は、本当に恵まれた立場だったと思います。研修医として、勉強させていただけるのは、1年間という非常に限られた時間しかありませんし、研修医の時にしか学べないことがたくさんあると思います。そんな貴重な研修医時代を鹿児島大学病院で過ごすことができ、私は本当に良かったと思っています。

最後になりましたが、いつも貴重な時間を割いて熱心なご指導を頂いた指導医の先生方には心から感謝の気持ちと御礼を申し上げます。 

平成27年度修了 渡邉温子

私は、鹿児島大学病院のBプログラムで1年間研修を行いました。Bプログラムでは3つの専門診療科を選んで3か月ずつローテーションします。私は、口腔保健科、顎顔面外科、義歯補綴科をまわりました。どの科においても指導医の先生方はとても熱心で、日々の診療だけでなく、症例検討や英語論文の抄読発表なども経験させていただきました。各科のスタッフの方々もあたたかく迎えてくださり、おかげさまで毎日楽しく充実した研修生活を過ごすことができました。また、研修医の同期生は皆仲が良く、毎日控室でお昼ご飯を一緒に食べたり、診療終了後にお互いの失敗談で盛り上がったり、一緒に技工をしたりと、思い出が尽きません。歯科医師人生の第一歩である研修医時代に、良い仲間たちと出会えたことは、一生の宝物だと思います。

研修を終えてみて、母校である鹿児島大学を研修先に選んで、本当によかったと思います。これからも初心を忘れずに頑張ろうと思います。 

平成25年度修了 北村優奈

私にとって、鹿児島大学は母校であり、見知った先生方と馴染んだ環境の中での研修は、とても楽しく幸せな毎日を過ごすことができた。

長かった学生生活を終え、社会人一年目として緊張や不安な気持ちで、いっぱいの中、桜並木の下を通った研修初日からあっという間に一年が過ぎてしまった。
一日一日が短過ぎると感じるほど、毎日が充実していた。
特に十月から半年に渡り研修を行った義歯補綴科では様々なことを勉強することができた。学生のときからよく知っている先生方なので、コミュニケーションも取りやすく、補綴のみならず色々なことをさせてもらえた。医局ならではの飲み会や学会の手伝いなども、大学に残ったからこそ出来た仕事であり、とてもいい経験をさせてもらえたと思う。
鹿児島大学で研修したことを今後に生かしていきたい。
温かく指導してくださった先生方には心から感謝しています。ありがとうございました。

平成24年度修了 伊藤 恵利奈

Back to Top