センター教員の紹介

佐藤先生

総合臨床研修センター センター長
佐藤 雅美

鹿児島大学病院は、鹿児島県及び南九州における中心的医療機関・教育機関です。この鹿児島大学病院が実施している「桜島プログラム」では、地域の初期研修基幹施設および連携施設との”たすき掛け”研修が可能となっております。このことより、大学病院での高度な医療から、一般病院でのcommon diseasesまで、幅広い研修プログラムを組むことが可能です。特に、鹿児島ならではの離島における研修やドクターヘリと連携した救命救急医療センターでの研修など、多彩なローテーションが選択可能です。
平成29年度からは、北海道大学との交換プログラムも実施しており、本土の最南端に位置しながら、日本最北端の医療にも携わることができるようになりました。
古人曰く「かわいい子には旅をさせよ」。「桜島プログラム」では、多彩な経験と見分が君達を育てます。


加治先生

総合臨床研修センター 特例教授・副センター長
加治 建

2017年10月1日付けで総合臨床研修センターの特例教授を拝命しました加治 建と申します。佐藤雅美センター長が述べられている「桜島プログラム」のこれまでの魅力をもっともっとパワーアップしたいと考えています。初期研修医の時期は、知らないこと、できないことだらけなのは当然であり、それを放置しないことが大切です。では、どのような解決法があるのでしょうか。知らないことに対しては積極的に質問し、できない手技は、事前にしっかりシミュレーションすることが一つの方法です。鹿児島大学病院では、専門知識を有した上級医、指導医の数が多い点で十分な知識、手技面でのサポートができる環境であり、安心して研修ができます。加えて、研修センターの保有する多くのシミュレーターを活用して、臨床現場で即実践に使えるようなトレーニングプログラムの充実をはかりたいと考えています。そして、学ぶ時の「アハッ」、「ワクワク」感を毎日感じられるような研修にしたいと考えています。「南で育つ」を合い言葉に共に鹿児島で学びましょう。

 


隈元先生

総合臨床研修センター 特任助教
隈元 朋洋

ダミー鹿児島大学病院は、鹿児島県及び南九州における中心的医療機関・教育機関です。この鹿児島大学病院が実施している「桜島プログラム」では、地域の初期研修基幹施設および連携施設との”たすき掛け”研修が可能となっております。このことより、大学病院での高度な医療から、一般病院でのcommon diseasesまで、幅広い研修プログラムを組むことが可能です。特に、鹿児島ならではの離島における研修やドクターヘリと連携した救命救急医療センターでの研修など、多彩なローテーションが選択可能です。
平成29年度からは、北海道大学との交換プログラムも実施しており、本土の最南端に位置しながら、日本最北端の医療にも携わることができるようになりました。
古人曰く「かわいい子には旅をさせよ」。「桜島プログラム」では、多彩な経験と見分が君達を育てます。


山田先生

総合臨床研修センター 特任助教
山田 和歌

ダミー鹿児島大学病院は、鹿児島県及び南九州における中心的医療機関・教育機関です。この鹿児島大学病院が実施している「桜島プログラム」では、地域の初期研修基幹施設および連携施設との”たすき掛け”研修が可能となっております。このことより、大学病院での高度な医療から、一般病院でのcommon diseasesまで、幅広い研修プログラムを組むことが可能です。特に、鹿児島ならではの離島における研修やドクターヘリと連携した救命救急医療センターでの研修など、多彩なローテーションが選択可能です。
平成29年度からは、北海道大学との交換プログラムも実施しており、本土の最南端に位置しながら、日本最北端の医療にも携わることができるようになりました。
古人曰く「かわいい子には旅をさせよ」。「桜島プログラム」では、多彩な経験と見分が君達を育てます。


Back to Top