鹿児島大学病院で基本的診療能力(技能・知識・態度)の習得を目指すためのサポートをする「総合臨床研修センター」です。

ごあいさつ・理念・研修医数と指導医数・処遇 - 鹿児島大学病院 総合臨床研修センター

センター長ごあいさつ

佐藤先生

 鹿児島大学病院は、鹿児島県及び南九州における中心的医療機関・教育機関です。この鹿児島大学病院が実施している「桜島プログラム」では、地域の初期研修基幹施設および連携施設との”たすき掛け”研修が可能となっております。このことより、大学病院での高度な医療から、一般病院でのcommon diseasesまで、幅広い研修プログラムを組むことが可能です。特に、鹿児島ならではの離島における研修やドクターヘリと連携した救命救急医療センターでの研修など、多彩なローテーションが選択可能です。

 平成29年度からは、北海道大学との交換プログラムも実施しており、本土の最南端に位置しながら、日本最北端の医療にも携わることができるようになりました。

 古人曰く「かわいい子には旅をさせよ」。「桜島プログラム」では、多彩な経験と見分が君達を育てます。

 また、総合臨床研修センターには、国内屈指を誇る各種シュミレーターやラウンジルーム、個人専用デスクが用意されており、病院敷地内には、レジデントハウスも設置されています。

 診療を終えて、あるいは勉強の合間にラウンジルームから錦江湾をはさんで、桜島の雄姿が見えます。できれば、北の天孫降臨の地、高千穂から続く霧島連山を、南は種子島から打ち上げられるロケットの軌跡まで楽しんでください。満月の夜には、錦江湾のさざ波が、黄金色に輝いて、一日の疲れを癒してくれます。

 「桜島プログラム」のメリットを生かして、有意義な研修を期待しております。

 

 

                         総合臨床研修センター

                             センター長   佐 藤 雅 美  

 

 

※ 鹿児島大学病院における研修施設認定施設等を掲示しました。

理念

1.この研修システムの中で研修を希望する研修医の希望を最大限に満たすものとすること

2.将来にわたり本県での研修を行うこと、勤務することを希望する研修医が増えるような魅力的なプログラ

  ムにすること

3.1つの大きな研修体制の中に鹿児島大学病院と多くの協力病院の合同プログラムで、一次医療から三次

  医療まで幅広く研修を行い臨床医師の育成を行うプログラムとすること

4.医師としての人格を育み、将来の専門にかかわらず基本的な臨床能力を獲得し、医療だけでなく医学の目

  を養うプログラムにすること

5.鹿児島県の地理的特徴を生かしたプログラムとすること

6.どのコースで研修しても、厚生労働省の提示したプログラムをどの研修医も等しく達成できること

7.研修病院、研修医が将来にわたって高めあっていくことができるプログラムに育てていくことができるも

  のとすること

 

病床数 766床(医科684床、歯科32床、霧島リハビリテーションセンター50床)

 

 医師師

 (歯科医師含まない)

 

545名(平成29年4月1日現在)

 

1日平均外来患者数 1,297名(平成28年度実績)
1日平均入院患者数 457.6名(平成28年度実績)
診療科

心臓血管内科、心臓血管外科、消化器内科、腎臓内科、消化器外科、乳腺・甲状腺外科、神経内科、脳神経外科、呼吸器内科、呼吸器外科、心身医療科、泌尿器科、血液・膠原病内科、糖尿病・内分泌内科、神経科精神科、小児科、小児外科、産科、婦人科、整形外科・リウマチ外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急部、集中治療部、病理部、病理診断科

 

研修医数と指導医数

(平成29年4月1日現在)

医科研修医数

 

研修医数 80名

1年次    40名
2年次    40名

臨床研修指導医数 指導医数:101名(上級医217名)

処遇

(平成29年4月1日現在)

給与

1年次:290,575 円/月(研修医手当含む)

2年次 : 340,575 円/月(研修医手当含む)

手当・賞与

研修医手当 1年次:100,000 円/月

          2年次:150,000 円/月

賞与無し、通勤手当有り

保険 公的医療保険:政府管掌健康保険
公的年金保険:厚生年金保険、
労働者災害補償保険:適用有り
医師賠償責任保険 任意で日本医師会の医師賠償責任保険に加入
宿舎 有り
  • レジデントハウス(宿舎)外観
    レジデントハウス(宿舎)外観
  • レジデントハウス 内装
    レジデントハウス 内装
  • レジデントハウス 浴室
    レジデントハウス 浴室

このページのTOPへ