鹿児島大学病院で基本的診療能力(技能・知識・態度)の習得を目指すためのサポートをする「総合臨床研修センター」です。

北海道大学病院の見学会・説明会に参加しました - 鹿児島大学病院 総合臨床研修センター

北海道大学病院の見学会・説明会に参加しました


いよいよ来年から派遣が開始される北海道大学病院と鹿児島大学病院の「研修医相互派遣連携事業」の一貫として、
昨年より双方の病院の指導医が、双方の研修内容や状況を学生・研修医に説明しております。
前回は6月22日の第2回桜島プログラム説明会時に北大の石森 直樹 臨床研修センター副センター長を鹿児島に
お招きして、北海道の状況をお伝え頂きました。 そして今回8月12日に、鹿大から総合臨床研修センター瀬戸山 仁副センター長と、種子島医療センター
(旧田上病院)理事長の田上 寛容先生が、北大病院 臨床研修センター主催の「平成28年度 夏の病院見学会・
プログラム説明会」に参加しました。
多数の北海道の医学生、研修医にご参加頂き、瀬戸山先生からは「鹿児島県の地域医療研修全般」について、
また田上先生からは「種子島の地域医療」について説明を行いました。
田上先生の説明の中では、実際の研修内容と共に、種子島の綺麗な海や種子島宇宙センターからのロケット発射の
様子(動画)なども紹介され、参加者は目を輝かせて説明を聞いていました。
今回の派遣事業に関しては、鹿児島大の研修医・学生から多数の研修希望が出ておりますが、今回の説明会で
北海道の学生・研修医からも大変興味を持っており希望者が多いということを実感しました。
今回の連携事業が種子島のロケットのように、研修医の夢や希望を乗せて空高く打ち上げられるよう、これからも
鹿大 総合臨床研修センターと北大 臨床研修センターとしっかりと手を組んで準備を進めたいと思います。

北大①1 北大②2

pdf北大③.pdf


このページのTOPへ