診療科案内(歯科診療科)

口腔顎顔面外科

口腔顎顔面外科の紹介

当科は、あごの炎症の治療や親知らずの抜歯、口腔がん、顎変形症、口唇口蓋裂の治療などを行なう科です。

特に、口唇口蓋裂については全国にも有数な専門医療施設で、南九州や遠隔地から多くの患者さんが訪れます。また、口腔癌、その他についても、治療から術後の摂食・嚥下、言語機能の回復まで、一貫した治療を実施しています。

口唇口蓋裂について詳しくはこちら

歯科医師紹介

  氏名 職名 専門分野
部門科長 中村 典史 教授 口唇口蓋裂、口腔がん、顎骨腫瘍・嚢胞
副部門科長 野添 悦郎 准教授 顎変形症、インプラント、口腔がん、顎骨再建
外来医長 石田 喬之 診療講師 口腔がん、画像診断
病棟医長 石畑 清秀 講師 顎変形症、インプラント、顎骨嚢胞
スタッフ 大河内 孝子 診療講師 顎変形症、顔面外傷
スタッフ 岐部 俊郎 診療講師 口唇口蓋裂、顎骨腫瘍
スタッフ 鈴木 甫 助教 口腔心身症、慢性疼
スタッフ 手塚 征宏 助教 口唇口蓋裂、言語、摂食嚥下
スタッフ 渕上 貴央 助教 口唇口蓋裂、歯原性腫瘍
スタッフ 吉村 卓也 助教 口腔がん、口腔顎顔面再建、摂食嚥下
スタッフ 柚木 寿理 助教 インプラント、骨造成

診療曜日・時間表

※専門外来は、初診・再診どちらも曜日指定があります。

初診診療曜日 【口腔顎顔面外科】月~金
【口唇口蓋裂専門外来】火曜、水曜、金曜
再診診療曜日 【口腔顎顔面外科】予約制
【口唇口蓋裂専門外来】火曜、水曜、金曜
受付時間 【初診】8:30~11:00
【再診】8:30~16:30
診療時間 8:30~17:00
休診日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)
※診療部門科の都合により、診療日が変更になることもあります。

担当医診療日一覧へ >

診療分野および高度な医療機器等

当科の公式ホームページをご覧ください。(https://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/Omfs2/)

実績

口やあごは、食べる、しゃべる、笑うなど私たちの生活にとても重要です。私たちは口やあごの痛みや病気で悩む方に、安全かつ確実な医療を提供し、元の楽しい生活を取り戻していただくことを喜びに感じています。

そのために、様ざまな疾患の専門医療チームがトップクラスの医療が行なえるよう、日々努力す るとともに、ベッドサイドで十分にお話をしながら、患者さんに納得していただける医療に取り組んでいます。

診療科で扱った主な手術や処置の件数 平成30年

口唇口蓋裂手術 106
顎変形症手術 29
悪性腫瘍手術 39
良性腫瘍手術 10
顎嚢胞手術 22
顎骨顔面骨骨折手術、その他 52

場所

口腔顎顔面外科

※正面玄関は午前6時から午後6時まで(土・日・祝祭日は除く)

よくある質問

  口蓋裂児の哺乳床にはどのような種類がありますか?

哺乳床は乳首や舌が裂に入るのを防ぎ、哺乳を補助するほか、手術前に裂幅を小さくする効果もあります。

哺乳床は大きく動的装置と受動的装置にわけられますが、後者の代表的なものがホッツ床です。
ホッツ床は硬口蓋と軟口蓋2/3を被うレジン製のプレートで、体温によって柔らかくなり、赤ちゃんが元気にミルクを飲むのを助けます。

  骨が少ないためにインプラントは難しいと言われましたが、インプラントは無理でしょうか?

インプラントを支えるためには充分な歯槽骨が必要ですので、歯を失ったところは骨が痩せているためにインプラント治療が難しい場合があります。

しかし、口腔顎顔面外科では骨を造る処置(骨移植、上顎洞庭挙上術など)を行い、骨量を増やすことによって骨が痩せたところでもインプラント治療が可能です。

  噛み合わせがおかしいのを手術で治すって本当ですか?

上あごと下あごの骨の大きさがアンバランスであったり、左右対称でない場合など、通常の歯科矯正治療では治せない患者さんの場合、顎矯正手術(外科的矯正治療)という方法があり、日本全国の口腔外科で治療が行われています。

顎矯正手術の治療費はもちろん手術を行う場合、手術前後に必要な矯正治療費用も健康保険が適応されます。