部門案内

臨床技術部

099-275-5644

臨床技術部の紹介

鹿児島大学病院臨床技術部は、平成15年10月に医療技術職の一元化を図り誕生しました。患者さんのための診療を病院診療センター及び中央診療部門と連携し、技術面で支援する部門です。臨床技術部は、放射線部門、検査部門、リハビリテーション部門、臨床工学部門、歯科部門(歯科技工、歯科衛生)の5部門からなり、総勢170名程の組織です。

臨床技術部の理念は「専門職として診療支援の質の向上を図り、診療部門との密接な協力体制を確立する」です。

具体的な目標は、以下の5項目です。

  1. 患者さん本意の診療に徹し、診療部門への迅速な診療情報の提供に努める
  2. 優秀な職員の確保と育成を行うと共に、環境を整備し働きやすい職場とする
  3. 部門の交流を促進し、相互の技術水準の向上を図る
  4. 各部門の業務整理を行い、技術職員の再配置を検討する
  5. 臨床における専門的研究に取り組み、研鑚を推進し、各種学会・研究会への参加の促進と論文化を図る

業務内容・医療機器・専門領域

放射線部門

我々の仕事はレントゲン撮影やCT、MRI検査に代表されます。
主な業務は一般撮影、透視撮影、血管造影、核医学(RI)検査、CT、MRI、放射線治療です。

胸部X線写真撮影

胸部X線写真撮影

CT撮影

CT撮影

放射線部へ

検査部門

臨床検査は病気の診断・経過観察・治療効果の判定・早期発見や予防になくてはならない手段です。
検査は主に検体検査と生理検査とに分けられます。

検査部門1

検査部門2

検査部へ

病理部門

検査のために採取された組織や、手術で切除された臓器の標本を作製し、病気の診断をしています。

標本作製

診断

病理部・病理診断科へ

リハビリテーション部門

各診療科より処方される多種・多様な病気を対象とした急性期リハビリを中心に行い、さらに超急性期リハビリ、回復期リハビリも行っています。

リハビリテーション部門1

リハビリテーション部門2

リハビリテーション部へ

臨床工学部門

臨床工学技士は、主に生命維持管理装置の操作及び保守・点検等を行っていますが、病院内の医療機器(放射線が出る機器を除く)全般を取り扱うことができます。

ME医療機器センター

ME医療機器センター

手術部

手術部

血液浄化療法部

血液浄化療法部

集中治療室

集中治療室

臨床工学部門へ

歯科技工部門

歯科技工部門は『患者さんが快適な食事・会話が出来、審美的になる様に』をモットーとして、総入れ歯・前歯や鋳造冠(通称銀歯と言われている)等 色々な技工の製作をしています。

義歯

義歯

前歯

前歯

歯科衛生部門

歯科衛生士は、お口の健康や全身の健康の維持・向上のためのお手伝いとして、歯科保健指導、歯の清掃、診療の補助・介助、入院患者さんの口腔ケア等をしています。

歯科食生活指導

歯科食生活指導

歯科診療の介助

歯科診療の介助

歯科保健指導

歯科保健指導