診療科案内(医科診療科)

整形外科・ リウマチ外科

整形外科・ リウマチ外科の紹介

整形外科で扱う病気にはたくさんの種類があります。当科ではそれらの病気をスポーツ障害・関節疾患、骨軟部腫瘍・再建、脊椎脊髄疾患の3つの種類に分け、それぞれの分野の治療を熟知した医師団により、安全かつ最新の治療法を導入し、安心できる治療体制を提供しています。

スポーツ障害・関節疾患とは肩、膝、股関節など普段よく使われる関節の病気やスポーツによる外傷や障害のことをいいます。主な疾患に変形性関節症・関節リウマチ、膝半月・十字靭帯損傷、肩腱板損傷があります。当科ではスポーツ外科専門医と関節病専門医がこれらの治療を行います。患者さんの年齢や社会背景、仕事内容などにも気を配り、早期の社会復帰を目指して先進的治療を提供します。

骨軟部腫瘍とは、骨や筋肉など内臓以外の手、足、肩、背中、お尻などといった四肢および体幹にできる腫瘍[しゅよう=できもの]の事で、当科では骨軟部 腫瘍専門医により、手術・化学療法・放射線治療・その他の先進治療等を適切に組み合わせることにより、最も効果的で体への負担が少ない方法を決定します。腫瘍切除後の再建も先進的方法で行います。

脊椎脊髄疾患とは背骨の病気で、腰や足の痛み・しびれ、首や手の痛み・しびれをきたす病気などが挙げられます。代表的な病気に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があります。その他にも側弯症と呼ばれる背骨が曲がるような病気も専門的に治療しています。当科では脊椎脊髄病専門医が効果的な治療法を提供すると共に、内視鏡や顕微鏡を使用した体に負担の少ない先進的な治療法も提供しております。

医師紹介

  氏名 職名 専門分野
部門科長 谷口 昇 教授 肩関節外科、肘関節外科、リウマチ外科
永野 聡 教授(保健学科) 骨軟部腫瘍、関節外科、形成外科的再建
外来医長 藤元 祐介 特任助教 股関節外科
病棟医長 中村 俊介 助教 足の外科、膝関節外科、スポーツ医学
スタッフ 冨永 博之 講師 脊椎脊髄外科、脊椎脊髄腫瘍、頸椎外科
佐々木 裕美 講師 骨軟部腫瘍、ハンドサージュリー
河村 一郎 助教 脊椎脊髄外科、側弯症
篠原 直弘 助教
中條 正英 助教
海江田 英泰 助教
徳本 寛人 助教

診療曜日・時間表

※専門外来は、初診・再診どちらも曜日指定があります。

初診診療曜日 月・水(午前)
初診の方は、紹介医により医務課外来予約担当(電話099-275-5168、FAX099-275-6698)にて予約をとり、紹介医からの紹介状をご用意ください。なお、紹介状のない場合でも受付を行いますが、診療終了までに待ち時間が長くなることをご了承ください。
※現在、新型コロナウイルス感染防止のため、予約・紹介状による診療のみ行っております。
再診診療曜日 月(午後 脊椎・腫瘍・関節 ※予約制)
水(午後 側弯・股関節・リウマチ・脊椎 ※予約制)
金(午前 関節 ※予約制)
受付時間 8:30~11:00
予約の方は、予約10分前には診療部門科受付へおいでください。
診療時間 8:30~17:00
休診日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)
※診療部門科の都合により、診療日が変更になることもあります。

担当医診療日一覧へ >

実績

患者さんに"安心"と"希望"を提供できる医療体制を実現し、より質の高い高度な医療を提供できるよう日々努力しています。
"説明"と"同意"の過 程において「情報開示」→「選択肢の提示」→「自己決定」→「納得」という4つのステップを踏まえた診療を実践しています。
カンファレンスでも患者さんの病態や全身状態をより正確に把握し、社会的、心理的背景を配慮した治療プランを思考する過程に重点をおいて医療を行っています。
主要な手術実績以外にも高度先進医療、特定疾患の治療、内視鏡や顕微鏡を使用した低侵襲手術にも力を注いでいます。

診療科で扱った主な手術や処置の件数 平成30年12月~令和元年11月

● 関節外科
  肩関節 69(190)例
  肘関節 0(49)例
  手・手指関節 1(99)例
  股関節 71(1,562)例
  膝関節 91(1,729)例
  足関節 39(115)例
● 腫瘍外科
  骨腫瘍 35(43)例
  軟部腫瘍 84(118)例
  生検等 45(9)例
● 脊椎外科
  頚椎 66(224)例
  胸椎 18(136)例
  腰椎 68(1,277)例
  脊椎・脊髄腫瘍 35(2)例
  脊柱変形 54(14)例
  脊椎外傷 18(41)例
  その他 36(15)例
● 骨・関節外傷 55(5,939)例
● その他 59(2,034)例
     総数 844(13,596)例   

※()は関連病院

人工関節置換術は変形して傷んだ軟骨や骨を切除し金属の関節に置き換える手術です。自分の骨を温存する骨切り術も行っています。関節鏡は内視鏡を用いた関節手術でわずか1cm程の傷からカメラで関節内を覗いて靭帯再建などを行う技術です。

悪性骨軟部腫瘍の手術では、単に悪いところ切除するだけでなく、機能を最大限に温存できるようマイクロサージャリーの技術を用いたり、パスツール法や液体窒素処理といった特殊な方法を併用したりします。

脊椎の椎弓形成手術では骨や靭帯を切除し神経の圧迫をとります。必要に応じて背骨に固定を加えるのが脊椎固定術です。また顕微鏡や内視鏡を用いた脊椎手術も行っています。

 

場所

1階フロア 整形外科・リウマチ外科

※正面玄関は午前6時から午後6時まで(土・日・祝祭日は除く)