鹿児島大学病院からのお知らせ

個人情報を保存したUSBメモリの紛失について

 本院医師が、令和3年10月18日に本院の患者様16名の個人情報(患者氏名(ローマ字)、診察券番号、年齢、性別)を保存したUSBメモリを紛失したことが判明いたしました。

 このような事態になり、患者様ご自身はもとよりご家族の皆様に対しまして、多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳なく、心より深くお詫び申し上げます。

 本院では、常日頃から研修、学内通知、会議等を通じて全職員に個人情報保護に関する注意喚起を行い、個人情報の保護に努めてまいりましたが、今回このような事態が発生したことは、極めて重大な問題であると受け止めております。

 本院といたしましては、今回の事案を厳粛に受け止め、今後は、個人情報の適切な取扱いを一層強化するとともに、全職員に対する個人情報の管理・運用に関する教育を徹底してまいります。

令和3年12月1日
鹿児島大学病院長
坂本 泰二