南九州最大の祭りとして発展してきた「第67回おはら祭り」が、明治維新150周年記念として11月2日(金)・3日(土・祝日)に鹿児島市内で開催され、2日(金)の前夜祭に、本院の医師・看護師・医療技術職員・事務系職員等の多職種から構成された踊り連が参加しました。

 今年は302名の参加申込があり、67回目を迎えたおはら祭りへの本院の参加は41回と歴史が古く、鹿児島大学病院の恒例行事となっております。当日は天候に恵まれ、浴衣姿や法被姿の参加者が2時間ほど元気よく踊り、鹿児島大学病院をアピールするとともに、教職員の連帯感を深める機会となりました。

      cimg4259                cimg4258

                  (踊り連の様子)

Back to Top