1997年度以降の業績集 

紹介ページへ戻る

原著論文・著書・執筆

2004年

Yoshitaka Furukawa , Koichiro Usuku, Shuji Izumo, and Mitsuhiro Osame. Human T-cell Lymphotropic virus type I (HTLV-I) p12I is dispensable for HTLV-I transmission and maintenance of infection in vivo
AIDS Research and human retroviruses 2004: 20: 1092-1099

Sabouri AH, Saito M, Lloyd AL, Vine AM, Witkover AW, Furukawa Y, Izumo S, Arimura K, Marshall SE, Usuku K, Bangham CR, Osame M. Polymorphism in the interleukin-10 promoter affects both provirus load and the risk of human T lymphotropic virus type I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Journal of Infectious Diseases 2004: 190: 1279-1285

Umehara Fujio, Nagatomo S, Uoshisige K, Saito M, Furukawa Yoshitaka, Usuku koichiro, Osame MitsuhiroChronic progressive cervical myelopathy with HTLV-I infection: Variant of HAM/TSP? Neurology 2004: 63: 1276-1280

Mineki Saito, Masanori Nakagawa, Shun Kaseda, Toshio Matsuzaki, Manabu Jonosono, Nobutaka Eiraku, Ryuji Kubota, Norihiro Takenouchi, Masahiro Nagai, Yoshitaka Furukawa, Koichiro Usuku, Shuji Izumo, Mitsuhiro Osame. Decreased Human T lymphotropic virus type I (HTLV-I) Provirus load and alteration in T cell phenotype after interferon-alpha therapy for HTLV-I associted myelopathy/Tropical spastic paraparesis.
Journal of Infectious Diseases 2004: 189: 29-40

2003年

Yoshitaka Furukawa, Ryuji Kubota, Nobutaka Eiraku, Masanori Nakagawa, Koichiro Usuku, Shuji Izumo, Mitsuhiro Osame. Human T-Cell lymphotropic virus type I (HTLV-I)-related clinical and laboratory findings for HTLV-I-infected blood donors. J Acquir Immune Defic Syndr 32(3) 328-334 2003

Yoshitaka Furukawa, Mineki Saito, Wataru Matsumoto, Koichiro Usuku, Yuetsu Tanaka, Shuji Izumo, Mitsuhiro Osame. Different cytokine production in Tax-expressing cells between patients with human T cell lymphotropic virus type-I (HTLV-I)-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis and asymptomatic HTLV-I carriers. J Infect Dis 187 1116-1125 2003

Ryuji Kubota, Yoshitaka Furukawa, Shuji Izumo, Koichiro Usuku, Mitsuhiro Osame. Degenerate specificity of HTLV-1-specific CD8+ T cells during viral replication in patients with HTLV-1-associated myelopathy (HAM/TSP). Blood 101(8) 3074-3081 2003

古川良尚,久保田龍二,宇宿功市郎,出雲周二,納 光弘 ウイルス側と宿主側の要因からみたHTLV-I感染症神経免疫学 11(2) 159-163 2003

小浜浩介, 下野治子, 丸山芳一, 古川良尚. 自己血輸血の実際とナースの対応 ナーシングフォーカスシリーズ、輸血ケア 47-52 2003

2002年

小浜浩介、丸山芳一;自己血輸血療法とその他の造血法 輸血医学 金芳堂 127-134, 2000

舞木 弘幸、 丸山 芳一、小浜 浩介、肥後恵子。 同種造血幹細胞移植におけるDNA多型解析の有用性。 日本輸血学会会誌 46(2): 204, 2000

Kosuke Obama et al. L-asparaginase induced complete remission in Epstein-Bar virus positive, multidrug resistant, cutaneous T-cell lymphoma. International Jouranal of Hematology 69; 260-262, 1999

Kosuke Obama, Mitsutoshi Tara, H Sao, K Taji, Y Morishima Hiroyuki Mougi, Yoshikazu Maruyama, Mitsuhiro Osame. Allogenic bone marrow transplantation as a treatment for adult T-cell leukemia; International Jouranal of Hematology 69 (3) 203-205, 1999

舞木弘幸他;Variable Number of Tandem Repeat (VNTR)多型解析を指標とした同種骨髄移植後の生着確認;臨床検査 43, 587-591, 1999

Kosuke Obama Yoshikazu Maruyama, Mitsuhiro Osame. The correlation between erythropoiesis and thrombopoiesis as an index for preoperative autologous blood donation. Transfusion Science 21; 207-210, 1999

Kosuke Obama, Yoshikazu Maruyama, Mitsuhiro Osame. The platelet level indicates erythropoietic capacity for preoperative autologous blood donation; Transfusion Science 20; 175-179, 1999

小浜浩介、丸山 芳一、下野 治子、納 光弘; 10才未満の小児における術前貯血式自己血輸血の適応について;
自己血輸血12; 80-82,1999

丸山芳一:先天性血栓性素因 Mebio 8; 58-63, 1998

渡辺紘子他;院内廃棄ゼロへの道のり並びに現状 第6回赤十字シンポジウム p8-14, 1998

丸山芳一;アテローム血栓性梗塞における血液凝固異常 血栓と循環 6; 214-219, 1998

小浜浩介、新名主宏一、丸山芳一、下野治子、舞木弘幸、肥後恵子、渡辺紘子、上国料知子、納光弘;連続成分分離装置C0BE SpectraTMを用いた骨髄造血幹細胞濃縮の経験;Medical Postgraduates 36: 60-64, 1998

小浜 浩介、下野 治子、丸山 芳一、渡辺 紘子、納 光弘。 自己血輸血の実際とナースがおこなうべきこと エキスパートナース 11: 40-43, 1988

渡辺紘子、丸山芳一;血液供給体制. 総合臨床Vol.47 No10. 2713-2720, 1998

丸山芳一:遠隔地におけるエイズ診療の問題に関する研究。厚生省エイズ対策事業ーHIV感染症の医療体制に関する研究報告書 p31, 1998.

Kosuke Obama, Yoshitaka Furukawa, Mitsutosi Tara, Kiyosige Niina;Secondary monocytic leukemia with rearrangement of the MLL gene occurring during the course of adult T-cell leukemia;International Jouranal of Hematology 68 (3) 323-326, 1998

小浜浩介、下野治子、丸山芳一、渡辺紘子、納光弘;自己血輸血の実際とナースのかかわりについて;エキスパートナース 11; 40-43, 1998

舞木弘幸、新名主宏一他;制限酵素処理Double PCRを用いた輸血後GVHDの遺伝子診断. 医学のあゆみ Vol.181 No.11 1007-1008, 1997

小浜浩介、前畠良智、新名主宏一、丸山芳一、下野治子、肥後恵子、渡辺紘子、納光弘;小児術前貯血式自己血輸血の特徴と問題について;自己血輸血 第11巻 第1号 p93-95, 1998

Hiroyuki Mougi, Koichi Shinmyouzu, Mitsuhiro Osame; Determinating the optimal time for peripheral blood stem cell harvest by detecting immature cells (immature leukocytes and immature reticulocytes) using two newly developed automatic cell analyzers;International Jouranal of Hematology 66 (3) 303-313, 1997

Hiroyuki MOUGI, Koichi SHINMYOUZU et al; Determination of Peripheral Blood Stem Cells using Automated Hematology Analyzer, SE-9000TM IMI Channel. Sysmex Journal International Vol.7 No.2, p63-70,1997

1993年-

舞木 弘幸、渡辺 紘子、肥後 恵子、新名主 宏一: Flowcytometryにより

学会・研究会 発表

紹介ページへ戻る

2004年

(第45回日本神経学会総会 2004. 5) 古川 良尚 他; HTLV-I p12遺伝子の変異とHTLV-I関連疾患

(第52回日本輸血学会総会 2004. 6) 古川 良尚 他; HAM発症リスクとしての末梢血単核球におけるTax発現と炎症性サイトカイン産生の差の検討

(第11回鹿児島自己血輸血療法研究会 2004. 7) 自己血貯血の原理および末梢血幹細胞採取について

(第3回中国幹細胞シンポジウム、2004) Yoshifumi Kawano, Osamu Ijichi, Takayuki Tanabe, Yuichi Shinkoda, Shuji Ishikawa, Takyroh Nishikawa, Izumi Masamoto, Yoshitaka Furukawa, Ikuro Maruyama. Double transplant strategy with purified CD133-positive cell auto-grafting followed by allogeneic transplantation in pediatric patient wtih relapsed acute lymphoblastic leukemia

(第46回日本臨床血液学会総会 2004. 9) 古川良尚,納 光弘 HTLV-I tax escape mutant のATL非発症者における検討

(日本輸血学会九州支部会第51回総会・第72回例会 2004.12) 古川 良尚、舞木 弘幸、肥後 恵子、出口 紀子、吉田 泰代、小浜 浩介、政元 いずみ、黒木 辰雄、伊地知 修、河野 嘉文、丸山 征郎; Clini MACS(磁気ビーズ)を用いたCD133陽性幹細胞分離の実際

(日本輸血学会九州支部会第51回総会・第72回例会 2004.12) 出口 紀子、舞木 弘幸、肥後 恵子、吉田 泰代、小浜 浩介、古川 良尚、丸山 征郎; 鹿児島大学病院輸血部における輸血副作用報告について

2003年

(第18回鹿児島血液研究会 2003. 3) 古川良尚 他; HAM及びHAMと同程度HTLV-I感染細胞の多い健常なキャリアー末梢血単核球(PBMC)でのHTLV-I感染細胞のTax発現能およびTax発現細胞でのIFN-γ産生の差

(第15回日本神経免疫学会学術集会 シンポジウム 2003. 3) 古川良尚 他; ウイルス側と宿主側の要因から見たHTLV-I感染症

(第44回日本神経学会総会 2003. 5) 古川良尚他; 日本赤十字献血HTLV-I陽性者におけるHTLV-I関連疾患の解析

(第51回日本輸血学会総会 2003. 5) 古川良尚 他; 日本赤十字献血HTLV-I陽性者におけるHTLV-I関連疾患の解析

(第10回鹿児島自己血輸血療法研究会 2003. 7) 古川良尚 他; 自己血貯血における問題点と利点について

(第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 同時期開催 2003. 8) 古川良尚 他; HTLV-I p12遺伝子のp12R/Kアリル及びその近傍の変異とHTLV-I関連疾患

(第50回日本輸血学会九州支部会 2003.12) 古川 良尚 他; HAM発症リスクとしての末梢血単核球における炎症性サイトカイン産生の差の検討

2002年

(第49回日本輸血学会九州支部会 2002.12)古川良尚 他;日本赤十字献血HTLV-I陽性者におけるHTLV-I関連疾患の解析

(第44回日本輸血学会九州支部会 1997.12. 久留米)小浜浩介、前畠良智、新名主宏一、丸山芳一、下野治子、上国料知子、舞木弘幸、肥後恵子、渡辺紘子、納光弘;小児術前貯血式自己血輸血の現状について

(第44回日本輸血学会九州支部会,1997.12. 久留米)肥後恵子、舞木弘幸、丸山芳一、小浜浩介、渡辺紘子、上国料知子、下野治子、納光弘;交叉試験適合血輸血後も溶血性輸血副作用を呈する症例への輸血の対応

(第47回日本臨床衛生検査学会)舞木弘幸、橋口聖一他;ABO血液型判定が困難であった症例

(第11回日本自己血輸血学会総会,1998.3. 埼玉)小浜浩介、前畠良智、新名主宏一、丸山芳一、下野治子、肥後恵子、渡辺紘子、納光弘;小児術前貯血式自己血輸血の現状について

(第11回日本自己血輸血学会総会,1998.3. 埼玉)伊集院叶夢、伊集院雅子、堂地勉、永田行博、小浜浩介、丸山芳一;一回採血量300mlの自己血貯血の妊婦に対する安全性に関する検討

(第12回鹿児島血液研究会,1998.5 鹿児島)小浜浩介、太良光利、舞木弘幸、丸山芳一、納光弘;成人T細胞白血病に対する同種骨髄移植療法について

(第8回鹿児島自己血研究会,1998.10 鹿児島)小浜浩介、丸山芳一、納光弘;造血予備能の予測に関する検討

(第47回日本輸血学会総会、1999.5 仙台)舞木弘幸他;抗B抗体欠損O型症例の遺伝子解析

(第47回日本輸血学会総会、1999.5 仙台)渡辺紘子他;輸血同意書取得の効果

(第47回日本輸血学会総会、1999.5 仙台)小浜浩介他;貯血前血小板値は自己血輸血時の造血予備能を反映する

(第14回鹿児島血液研究会、1999.10鹿児島)小浜浩介他;末梢血から内皮が出来る/末梢血CD34陽性細胞から血管内皮細胞への分化誘導とそのメカニズム

(第46回日本輸血学会九州支部会 1999.12)舞木弘幸他;同種造血幹細胞移植におけるDNA多型解析の有用性

(第46回日本輸血学会九州支部会 1999.12)小浜浩介;貯血式自己血輸血療法普及後の問題点

紹介ページへ戻る