輸血部紹介ページへもどる

輸血診療部門の概要

診療

 血液、HIV等を中心に診療、コンサルテーションを行っています。

自己血

 一週間に30〜40人程度の自己血貯血を施行

幹細胞

末梢血幹細胞の採取、分離、保存、定量および同種骨髄移植時の骨髄濃縮等を行っています。

apheresis機器としてFresiniousAS104を使用

2004年1月〜12月実績

 自己末梢血幹細胞採取 延べ33名

 


HOME

Information

Q&A

輸血部紹介

おまけ(準備中)