鹿児島大学病院総括データ

年齢階級別の割合

年齢階級別の割合

男女別の割合

2017年

2017

2018年

2018

2019年

2019

発見経緯別の割合

発見経緯別の割合

部位別登録数の年次推移(表)

診断年2017年2018年2019年
口腔・咽頭 156 148 162
食道 153 158 174
130 110 110
大腸 178 171 184
88 111 99
胆嚢・胆管 56 52 52
85 100 115
喉頭 18 26 17
259 227 269
骨・骨軟部 32 39 36
皮膚 69 55
乳房 89 115 125
子宮体部 76 92 104
子宮頸部 89 85 96
卵巣 38 49 49
前立腺 137 176 121
膀胱 16 30 42
腎・他の尿路 53 44 63
脳・中枢神経 178 141 165
甲状腺 76 67 87
悪性リンパ腫 78 96 95
白血病 46 56 65
多発性骨髄腫 19 22 19
その他の造血器腫瘍 14 14 -
その他 88 85 112

※1 その他の造血器腫瘍:骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍など
※2 その他:肛門管、外陰、腟、陰茎、精巣、眼、副腎、原発不明など
※3 少数の場合は個人の特定を防ぐため「-」表記

部位別登録数の年次推移(グラフ)

部位別登録数の年次推移(グラフ)

がん種別毎の治療件数 ~3年間の推移~

肺

胃

大腸

大腸

肝

乳

その他(5大癌以外)

その他(5大癌以外)

症例区分別の割合

症例区分別の割合

症例区分項目の説明
診断のみ 自施設で診断したが、治療の施行は他施設へ紹介・依頼した場合。
自施設診断・
自施設初回治療開始
自施設で診断および初回治療に関する決定をし、腫瘍そのものへの治療を開始した場合。
自施設診断・
自施設初回治療継続
自施設で診断した後、他施設で初回治療が開始され、その後、自施設で初回治療の一部を実施した場合。
他施設診断・
自施設初回治療開始
他施設で診断された後、自施設を受診し、自施設で腫瘍そのものへの治療を開始した場合。
他施設診断・
自施設初回治療継続
他施設で診断した後、他施設で初回治療が開始され、その後、自施設で初回治療の一部を実施した場合。
初回治療終了後 他施設で初回治療終了後に自施設を受診した場合。
その他 上記のいずれにも分類できない場合。
他施設診断症例で治療目的に紹介されたが、自施設では治療は行わず他施設へ紹介した場合も含まれる。
Back to Top